ミドルウェア:Litmus LoopEdge

IoTのデバイス/システム(センサやPLCなど)からデータをシームレスに収集

このエッジレベルのソフトウエアは、IoTのデバイス/システム(センサーやPLCなど)からデータをシームレスに収集し、そのデータをクラウドまたは社内のエンタープライズシステムに統合します。レガシー環境のデバイスも含め非常に多くのドライバをサポートしており、産業環境などのデバイス管理を可能にします。

LoopEdgeソフトウエアは、ゲートウェイ機器を介して、多くのプロトコル/バス(RS232、RS485、CAN、イーサネット、フィールドバスなど)をサポートします。生データや処理データをエッジ上で可視化することや、LoopCloudなどの外部システムに送信することが、ほぼリアルタイムに可能です。