Press

USB PD 3.0 への移行を簡略化するSTM32マイコン向け USB TCPMソフトウェアを発表

・ポート・コントローラを含む認証取得済みの2チップ・ソリューション

2018年6月22日

PR No.N4042S

STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、あらゆるSTM32*マイクロコントローラ(マイコン)上でUSB Type-Cポート・マネージャ(TCPM)の実行を可能にする新しいソフトウェアを発表しました。このソフトウェアにより、開発者は、新製品または従来品の設計において、最新のUSB Power Delivery(USB PD)機能と、互換性に優れたUSB Type-C™(1) コネクタを活用できるようになります。

USB Type-Cポート・コントローラ・インタフェース(TCPCi)仕様に準拠したSTのX-CUBE-USB-PDは、1ポートまたはマルチポート対応のUSB Type-Cポート・コントローラ(TCPC)チップの制御を目的としたソフトウェアで、USB PD仕様(USB PD 3.0 v1.1)のプロトコル・レイヤとポリシー・エンジンを実装しています。メモリ使用量が少なく、ポート当たり1本のI2Cとアラート・ピンのみを使用するこのソフトウェアは、STM32マイコンで使用するリソースを最小限に抑えます。さらに、標準的なレジスタ・マップを使用しているため、接続されたTCPC機器との相互運用も簡単に実現することができます。

X-CUBE-USB-PDは、急速充電器接続用のプログラマブル・パワー・ サプライ(PPS)や、給電と受電の関係をケーブルの着脱を必要とせずに短時間に切り替えられるファスト・ロール・スワップ(FRS)に加え、データ通信/給電の対象を認証済みの機器や充電器のみに制限する認証メッセージの交換など、あらゆるUSB PD 3.0のオプションをサポートしています。

また、プロバイダ / コンシューマ / デュアル・ロール(DRP)モードのあるこのソフトウェアは、電源ハブやモバイル・バッテリ、ドッキング・ステーション、ゲーム機用コントローラ、PC周辺機器、多機能アクセサリのほか、コードレス掃除機、ポータブル・スピーカ、照明機器、専用充電器といった小型家電など、多種多様な機器設計においてUSB Type-Cのメリットを活用することができます。

STは、ON Semiconductor社の、FUSB307B TCPCチップ(USB PD 3.0 v1.1準拠)を使用してX-CUBE-USB-PDのテストを完了しており、複数のUSB PDポート向けにTCPMで制御することにより、すぐに利用できる認証済みソリューションを実現します。FUSB307Bは、1MbpsのI2Cマイコン・インタフェースを内蔵しており、コネクタ挿入/方向検知やバッテリの復旧などの機能を処理します。高速給電機能がマイコンの負荷を効率的に軽減するため、エントリ・レベルの製品を含むすべてのSTM32でマルチポートの多機能USB PDインタフェースを制御できるようになります。現在、X-CUBE-USB-PDのライブラリはCortex®-M0またはCortex®-M4を搭載したSTM32マイコンによるテストが完了しているため、開発者は420品種以上から最適なSTM32マイコンを選択することができます。また、その他のSTM32マイコン向けのライブラリは2018年末までに追加される予定です。

ON Semiconductor社のFUSB307B用評価ボードであるON-FUSB3-STM32も入手可能で、開発の効率化に役立ちます。この評価ボードには、STM32F072マイコンとUSB-Cコネクタが搭載されており、シングル・ポート制御のデモが可能です。

X-CUBE-USB-PDは、STM32Cubeソフトウェア開発エコシステムの一部で、https://www.stmcu.jp/design/sw_dev/firmware/52772/から無償でダウンロードできます。

* STM32は、STMicroelectronics International NVもしくはEUおよび/またはその他の地域における関連会社の登録商標および/または未登録商標です。STM32は米国特許商標庁に登録されています。

(1)USB Type-Cは、USB Implementers Forum(USB-IF)の商標です。この仕様では、最大2x 10Gbps(USB 3.2)のデータ通信を含む最新のUSB仕様と、最大100W(20V)の双方向給電が可能なUSB Power Delivery(USB PD)仕様に対応した機械的な接続方法を規定しています。小型のUSB Type-Cは、開口部が約9 x 3.5mmで、コネクタとケーブルがリバーシブルのため、非常に使いやすくなっています。