Press

STとFieldscale、直観的なタッチ制御をSTM32マイコン搭載のスマート機器で実現

Fieldscale SENSEは、タッチ・センサの設計および高精度シミュレーションをエンド・ツー・エンドで実現する初の開発プラットフォーム STM32マイコンを採用したタッチ・センサ・ソリューションのシミュレーションが可能 ・クラウド・ベースのプラットフォームであるFieldscale SENSEが開発期間の短縮と開発 / 試作コストの削減を実現

2020年1月27日

*2020年1月27日にジュネーブ(スイス)とテッサロニキ(ギリシャ)で発表されたプレスリリースの抄訳です。

多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)と、STの認定パートナー企業でシミュレーション・ソフトウェアを提供するFieldscaleは、32bitマイクロコントローラ(マイコン)のSTM32を搭載したスマート機器向けに、タッチ操作対応ユーザ・インタフェースの開発加速で協力することを発表しました。

タッチ・センサによる制御はエンド・ユーザにとって便利で魅力的なだけでなく、製品の信頼性、防塵・防水性、およびコスト効率の向上に貢献します。しかし、設計を繰り返す従来の開発アプローチを採用した場合、不要な影響を排除して、あらゆる動作条件においてタッチ・センサの応答を安定化させるまでに多くの試作が必要となり、開発に時間を要する場合があります。

STとFieldscaleは、STのArm® Cortex®ベースの32bitマイコンであるSTM32に対応したFieldscale SENSE開発プラットフォームを提供し、開発期間の短縮と効率向上に貢献します。

Fieldscale SENSEは、静電容量式タッチ・センサの設計、図面の読込み、システム・レベルのシミュレーションが可能なエンド・ツー・エンドのソリューションです。最新バージョンでは、仮想システムによるシミュレーション用に、STM32マイコンを使用したタッチ・センサおよび基板レイアウトの迅速な設計が可能です。

また、クラウド・ベースの開発プラットフォームであるFieldscale SENSEは、洗練された電磁界アルゴリズムにより、システム性能を正確に推測できます。そのため、ハードウェアの試作前設計の最適化や、迅速なシミュレーションによる性能の微調整が可能になります。最初の試作で、より要求性能に近い結果を得られるようになるため、開発コストの削減と期間の短縮に貢献します。

Fieldscaleの最高経営責任者 兼 共同創設者であるYiorgos Bontzios博士は、次のようにコメントしています。「Fieldscaleは、静電容量式タッチ・センサの設計を行うすべてのエンジニアに対し、設計の初期段階から最終システムの調整までをサポートする、エンド・ツー・エンドのソフトウェア・ソリューションを提供することを目指しています。Fieldscale SENSE のSTM32マイコンへの対応は、当社にとって大きな成果であり、非常に満足しています。」

STのマイクロコントローラ製品事業部 マーケティング・マネージャであるPatrice Hamardは、次のようにコメントしています。「今回の協力により、当社のSTM32マイコンを使用するお客様は、Fieldscale SENSEを最大限に活用することで、シンプルかつ直観的なタッチ制御をスマート機器に実装し、競争力の高い製品を開発することができます。」

Fieldscale SENSEは、現在オンライン・サービスとして利用可能で、ニーズに応じた価格モデルが用意されています。詳細については、Fieldscaleまでお問い合わせください。

技術情報

直感的なウェブ・ユーザ・インタフェースで操作するクラウド・ベースの開発プラットフォームであるFieldscale SENSEでは、独自の強力な電磁界ソルバおよびアルゴリズムにより、タッチ・センサをオンライン上で評価することができます。従来のPCベースのソフトウェアとは異なり、インストールの手間やシステム性能による制約がありません。

Fieldscale SENSEのシミュレーション結果は、実際のタッチ・センサ・メーカーからの計測値を使用して検証されており、誤差2%以内の精度であることが確認されています。

Fieldscale SENSEには、ハードウェアの試作前に活用できる以下の機能が含まれています。

• 標準的なDXFファイル、またはガーバ・ファイル形式による静電容量式タッチ・センサのレイアウトの設計またはインポート
• シンプルなクリック操作によるセンサの完全な3Dモデルの生成、および適切な境界条件を自動的に適用
• タッチ・センサの性能シミュレーション(スタイラスの使用や、手袋の着用による影響も考慮可能)
• システムへの伝導性RFノイズの印可による、ノイズ耐性評価(IEC61000-4-6規格規定)
• タッチ・センサの性能を低下させる要因(配線と電極間のカップリングなど)、および必要な対策の特定

STM32ユーザ向けのユース・ケースは、こちらからダウンロード可能です。

また、ブログ記事もご覧いただけます。

STM32は、STMicroelectronics International NVもしくはEUおよび / またはその他の地域における関連会社の登録商標および / または未登録商標です。STM32は米国特許商標庁に登録されています。

Fieldscaleについて

  • Fieldscaleは、ICメーカーおよびタッチ・センサ・メーカー向けに、生産力の拡大や製品開発サイクルの短縮、および10倍もの製品開発加速に貢献するシミュレーション・ソフトウェアを提供しています。Fieldscale SENSEにより、すべてのエンジニアが十分なデータに基づいた設計を開始することができます。詳細については、ウェブサイトをご覧ください。